売却を急いでいるときに選びたい!不動産買取の予備知識や基本を分かりやすく解説!

当サイトは売却を急いでいるときに選びたい、不動産買取の予備知識や基本を分かりやすく解説しています。
仲介では売るのに時間がかかりそうだという悩みがある場合には、知っておきたい内容となっているのでおすすめです。
室内状況を気にする必要がないのも不動産の買取のメリットといえるでしょう。
不動産の買取は売った後の瑕疵担保責任が免責されるのも魅力の1つです。
1日でも早く不動産を手放す必要があるのなら利用を検討してみるのがおすすめです。

売却を急いでいるときに選びたい!不動産買取の予備知識や基本を分かりやすく解説!

不動産を売りたいけれど仲介では時間がかかり過ぎると考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような時には不動産買取を検討すると良いかも知れません。
不動産買取は不動産会社に直接物件を買い取ってもらうのが特徴です。
価格を交渉しまとまれば、売却することが出来るというメリットがあります。
市場価格よりも安い値段で売ることになるのが一般的ですが、その代わり早く手放すことが出来るという特徴がある売却方法です。

不動産買取とは?不動産会社が直接物件を買い取る方法

住宅や土地などを売却する場合、一般的には2つの方法があります。
1つは不動産仲介で、これは仲介会社に依頼して営業活動をしてもらい、広く一般から買い手を探すというものです。
そしてもう1つは、不動産買取です。
不動産買取とは、不動産会社が自ら買い手となって物件を購入するという事業手法をいいます。
街中を歩いていると貴金属やブランド品などを「その場ですぐに買い取ります」などという看板を掲げた店を目にすることがありますが、つまり不動産買取とはああいったサービスの不動産版ということになります。
買い取った物件は転売され、その差額が事業者の利益となります。
時にはリノベーションなどを施し、付加価値を高めてから売りに出されることもあります。
仲介と比べた場合、不動産買取は買い手を探す必要がない分現金化するまでの期間が短いという特徴があります。
売却の申し出があれば現地査定を行って見積額を出し、売却希望者が金額に同意すればただちに契約成立となります。

不動産買取は仲介業者ではないので仲介手数料がかからない

不動産買取は、住宅や土地などの不動産を仲介形式によって購入希望者に売却するのではなく、不動産会社に直接買い取ってもらうサービスです。
仲介の場合であれば、物件広告を掲出したり購入希望者の内覧を受け付けたりと、売買契約が成立するまでにはプロセスが必要であり、期間もそれなりにかかります。
しかし不動産買取であれば不動産会社が自ら買い手となるため、現金化するまでの期間が短くて済むという利点があります。
不動産買取には、経済的なメリットも存在します。
それは、仲介手数料が不要になるということです。
不動産業界で広く行われている仲介手数料の徴収は、売り手と買い手をマッチングさせて契約を成立させたことによる一種の成功報酬という性格を持っています。
これに対し、不動産会社が自ら買い手となるのであれば契約の仲介には該当しなくなるため、手数料の支払いも当然必要なくなります。
手数料の水準は業界全体で一律ではありませんが、高額物件になると100万円を超えるケースも珍しくないので、これを節約できることは大きな利点となります。

不動産買取は通常の売却よりも売却益が少なくなることも

通常の売却と比較すると、不動産買取は売却益が低くなってしまう可能性があります。
これは通常売却と不動産買取の形式の違いから発生するもので、売却益が少なくなることを理解してから利用する必要があります。
一般的に不動産買取で売却した場合、その価格は市場価格と比較すると1割から3割ほど低くなるのが通例です。
不動産買取業者は物件の買い取りを行った後、リフォームなどの整備をしてから次のユーザーへと販売します。
リフォームにかかる費用が差し引かれるため、買い取りが成立してもその価格は一般的な不動産売却よりも低くなります。
古い物件は水回りをはじめ多くの手直しが必須となるため、より査定価格が低くなる傾向にあります。
業者が買い取りを行った物件は、基本的にはリフォーム後に再度売却が行われるでしょう。
売却を行った際に得られる利益を想定して買い取りを実施するため、一般の売却よりも価格が少なくなることには注意が必要です。

不動産買取の最大のメリットは短期間に売却ができる点

土地や住宅などを所有している人が物件を売却する際、広く行われているのが不動産仲介と呼ばれる方法です。
これは、仲介業者に依頼して買い手を募り、その中から売買契約の相手を選ぶというもので、いわゆる「不動産広告」に掲載されている物件の多くはこれに該当します。
これに対し、不動産買取と呼ばれる方法も利用されています。
これは購入者を探すのではなく、不動産会社が自ら物件を購入するというものです。
購入目的はもちろん転売ですが、賃貸事業に活用されたりすることもあります。
不動産仲介と比較した場合、不動産買取には短期間で物件の売却ができるというメリットがあります。
通常、仲介では物件価格の査定→広告の掲載→内見や価格交渉といった購入希望者への対応→売買契約の成立、というプロセスをたどっていきます。
場合によっては買い手が現れず、売出価格を引き下げて広告を出し直す必要が生じることもあります。
これに対して不動産買取では、不動産会社の示す査定価格に納得が行けばただちに売却することが可能になるため、現金化までの期間を短縮することができます。

不動産買取を利用するときには買取査定額の相場を調べることも大切

所有している不動産を売却する方法は代表的な事例では2つに分けることができ、仲介によって販売を依頼する方法と、不動産会社による買取りを利用する方法に分かれます。
不動産買取を選択する方は早期にまとまった現金を入手することを希望している方が多く、相場は仲介業務での販売よりも安くなることが多いのですが、現金化を急ぐ方にとっては頼もしい存在になります。
不動産買取りに対応する会社は全国各地に多数ありますが、利用する前に所有者が行っておくと参考になる内容はあります。相場を確認する方法があり、何を基準にしたら良いのかを判断することができない方であれば、近隣のエリア内で販売されている中古住宅を参照する方法があります。
同じ間取りや土地面積、築年数を確認してみると販売価格の範囲を知ることができるので、不動産買取りを行う会社との交渉の段階で有利にすることは不可能ではありません。
もしも近隣に同等の物件が販売されている情報を探すことができなかった際には、ネット上で使える一括査定サイトを利用することで会社選びをすることで納得の価格で販売できます。

築年数が30年以上経過している物件は不動産買取向きの不動産

築年数が多い物件をどうやって売却しようか、どこなら買い取ってもらえるのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。通常売却として不動産会社に仲介をしてもらう方法もありますが、築年数が30年以上経過している場合は不動産買取の利用がおすすめです。
建ててから年数が経過した物件は現在の耐震基準や建築基準を満たしていない場合もあり、通常の売却では買い手がつかない可能性があります。古くてそのまま居住できない物件には、なかなか買い手がつかないのが実情でしょう。
まったくリフォームを行っていない、風呂やトイレ、水道管といった水回りの更新もしていないといった場合にも、不動産買取なら買取を頼むことができます。
不動産買取では通常の仲介では取引が難航する物件を買い取り、リフォームなどを行った上で次の買い手を探します。
建築から年数が経過してしまった物件は不動産買取を上手に利用することで、スムーズに手放すことが可能です。

過去に事件や事故などが起きた物件は不動産買取で処分が可能

内装の交換やリフォームを済ませていたとしても、事故や事件があった物件は買い手がつきにくくなりがちです。
事故物件を手放したくてもなかなか次の買い手が見つからない、通常売却として不動産会社に仲介を頼んでいるのに話が進まないと困っている人もいるでしょう。
事件や事故が起こった物件はたとえ内装などに問題がなくても、心理的には購入しにくくなります。事件が起こった物件には怖いイメージがつきがちですし、近隣の噂を封じることもできません。
一般的な物件を取り扱っている不動産会社ではこれらの物件についてのノウハウを持っていないことも多く、買い手探しはさらに難しくなります。
また、たとえ買い手が見つかって売れても、価格は通常の物件よりも低くなるでしょう。早めに処分をしたい場合には、不動産買取の利用がおすすめです。
不動産買取業者に物件の買い取りをしてもらうことで、その後の買い手探しやリフォームなどを一括して任せることができます。

再建築不可の物件も不動産買取で処分できるケースが多い

世の中には、再建築不可の建物が存在しています。不動産買取においてこのような物件は、基本的にあまり人気がありません。何故かと言えば、住宅を新たに建築することができないからです。ただ不動産売買においても、全く再建築不可の建物が価値がないかと言えばそのような事は無いわけです。
どのようなときに価値が出るかと言えば、再建築ができるようにすれば良いと言えるでしょう。どのようにしたら再建築が可能になるかと言えば、他の土地を購入することです。基本的に再建築が不可能な理由は、道に接していない事が原因となります。
通常であれば、自分の敷地と道路が2メートル以上接している必要があるわけですが、再建築ができないものに関しては2メートル未満になっています。
そこで、隣の家が売却する場合、その土地を購入して2メートル以上にしてしまえば良いわけです。
もちろん隣の家の住人が売りたくないと言うのであれば無理に買取する必要はありませんが、不動産買取の方法の1つで対処することができることもあるといえます。

不動産買取を利用するときに経験や実績を多く持つ会社を選ぶことが大切

使用していない土地や家を所有している方が結構いるかと思われます。使用していない不動産は余計ない時期がかかるだけなので、不動産買取を利用して売却した方がいいです。現在使用していないものは、今後も使用しない可能性がかなり高いので、売却しても全く問題ありません。
不動産買取を成功させるためには、実績が多い会社を選ぶことがかなり大事です。どこを利用しても大体同じだと思うかもしれないですが、実績が少ないということは利用者が少ないことを意味しています。
また、専門的な知識が不十分で、適正な査定額にならない可能性があることにも注意してください。少しでも高く売却できることを重視して、不動産買取会社を選ぶ必要があります。
信頼できる会社を選ぶために、実際に利用した人の意見も参考にするべきです。
利用してみないと分からないことがあるため、参考になる情報が得られます。自分だけの意見で決めるより、良い選択ができるはずです。

不動産買取に関する情報サイト
不動産買取の予備知識や基本

当サイトは売却を急いでいるときに選びたい、不動産買取の予備知識や基本を分かりやすく解説しています。仲介では売るのに時間がかかりそうだという悩みがある場合には、知っておきたい内容となっているのでおすすめです。室内状況を気にする必要がないのも不動産の買取のメリットといえるでしょう。不動産の買取は売った後の瑕疵担保責任が免責されるのも魅力の1つです。1日でも早く不動産を手放す必要があるのなら利用を検討してみるのがおすすめです。

Search